FC2ブログ
  セフレ セフレ
セフレ出会いセレクション
セフレを見つけれたサイトの紹介&体験談
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セフレ九州北部豪雨 「避難勧告」98%従わず 
北部九州で7月下旬に12人のセフレ犠牲者を出した豪雨災害で、福岡、佐賀、長崎3県の36市町が計34万人以上を対象に避難勧告・指示を出したが、約98%の住民が避難していなかったことが、国土交通省九州地方整備局による初の実態調査で分かった。過去に被害が出なかった体験や、自宅の立地場所などを考慮して避難しなかったとみている。「ゲリラ豪雨」など近年の自然災害では、突然に想定外の被害が出る傾向が強まっており、同局は「住民啓発などを通じて避難率アップを図る必要がある」としている。

 勧告・指示は災害対策基本法に基づき、市町村が土砂崩れや冠水などの危険がある地区に住む住民を対象に出す。「勧告」は安全な公共施設などへ避難を促す。被害の危険性が高まった場合に、より強い「指示」に変える。いずれも法的な強制力やセフレ罰則はない。

 調査は、豪雨時の避難実態の把握が目的。同局は8月、3県に依頼し、勧告・指示を出した全36市町を対象に調べ、調査中の4市町を除く32市町から回答を得た。

 調査結果によると、7月24?26日にかけてセフレ福岡県内9市町が約2万5500人を対象に「指示」を出したが、実際に避難したのは約400人で避難率は1.6%。「勧告」は、福岡県(調査中の福岡市などを除く)、佐賀県で対象が約30万7千人に上ったが、従ったのは約4千人。長崎県では9872世帯のうち231世帯だった。勧告・指示を合わせた全体の避難率は判明分で2%に届かなかった。

 防災無線からの情報が伝わらなかったり、体の不自由なセフレ高齢者が避難できなかったりする場合も考えられるという。同局防災課は「安全重視の観点から、指示や勧告には従ってほしい。調査結果をよく分析して、避難率アップの方策を検討していく」としている。
スポンサーサイト
[PR]

  出会い系 出会い セフレ メル友 メル友募集掲示板 援助交際 逆援助 熟女 逆援助交際 逆援 セフレ 人妻
  逆援助 セフレ 援助交際 人妻 不倫パートナー メル友 熟女 出会い エッチ 家出掲示板 セフレ 家出掲示板 家出少女 セフレ 援助交際 逆援助
出会い セフレ メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。